artrest

24時間対応076-201-8573

リハビリでよく聞く言葉〜ROM〜

お知らせ

リハビリでよく聞く言葉〜ROM〜

更新日:2020/05/19

 

こんにちは。理学療法士の中村です。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

先日撒いた朝顔の種が芽を出し、嬉しく思う今日この頃です。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今回は、リハビリでよく耳にする言葉について、簡単ではありますが説明させていただきます。

【関節可動域 Range  Of Motion( ROM;アール・オー・エム)】
簡単に言うと、関節の動く範囲のことです。

測定方法は色々ありますが、
私たち理学療法士は、ROM測定の基本を、日本整形外科学会および日本リハビリテーション医学会による「関節可動域表示ならびに測定法(1995 年)」に準じて学んでいます。
主に骨を指標することで担当者が変わっても誤差が少なくなるように作られています。

また、測定は、専用の角度計を用い、大きな関節や指の小さな角度なども測ることができます。

今後は、関節の運動方向や、日常生活場面でのROMについてお話しさせていただく予定です。
TOPへ
TOPへ