artrest

24時間対応076-201-8573

HPVワクチン、知ってますか?

お知らせ

HPVワクチン、知ってますか?

更新日:2020/01/29

こんにちは、看護師の冨田です!
とても久しぶりに記事を書きます😅

HPVワクチン…聞いたことありますか?
一時期、副作用のニュースが流れていたのを覚えている方もいるかもしれません🤔
「結局どうなったの?」「何のワクチンなの?」と聞かれることも多かったので、簡単にですがまとめてみました!

まず、HPVとは「ヒトパピローマウイルス」のことです。
このウイルスの主な感染経路は「性交渉」
↑もちろん、オーラルも含まれます。
回数・年齢にかかわらず、性交渉を行ったすべての人間が感染するリスクがあります。
大体は自然排除されますがこの感染が持続すると、子宮頸がんになります。
毎年1万人が罹患し、2800人程亡くなっている癌です…😣若い女性の間で増加傾向にあります💦

HPVはたくさん型がありますが、その中でも16・18型は高リスク型といわれてます。
日本で承認されているワクチンは主にこの2つの型を予防するものです✨ちなみに、海外では9個の型に対応するワクチンが承認され始めたり、男性への定期接種が始まったりしている国もあります。性交渉をした後でも少し効果があるとされ、対象を限定していない国もあるそうです😳
ちなみに、日本でも9価を自費で取り扱うところも増えていますよ(自費なのでこちらは高いです…😣)

そもそも、ワクチンなんて効かないんじゃ…と思われるかもしれません💦
癌の原因がほとんどわからないといわれている現代において、子宮頸がんの原因のほとんどはHPVであると科学的に証明されているんです👍✨

日本ではワクチン後の副反応が一時ニュースで話題となりました。
そのため、現在接種率は1%まで低下しています…😭
現在、副反応については、HPVワクチンと因果関係はないと産婦人科学会で発表されています。WHOも安全性に問題ないと発表しており、日本の報道後にワクチン中止をする国もありませんでした。また、ワクチン接種を早期に開始した国からはHPV感染率の低下が報告されてはじめています。

今はSNSではワクチンや副作用に関するたくさんの情報が飛び交っています😖
私もわかっていても、不安になるくらいです😅💦
よくわからないけど怖そうだからやめた!って人も結構多いのではないかと思って今回簡単にですが書かせていただきました😊

ワクチンに限らず、不安になったり、どうしていいかわからなくなってしまったときは
・専門医から情報をしっかりと得ること
・利益、不利益をしっかり比較すること
をお勧めします

私たちが行っている治療や薬はどんなものでも副作用があります。
ただの風邪薬でもたくさんの副作用があります💦
みなさんにとって必要な情報を提供しながら、ご自分で選択できるような支援ができる医療者になれるようわたしもがんばります😆💕

下は今回参考にしたHPです!
産婦人科学会のHPに丁寧に書かれていますので、よければご一読ください

子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために
http://www.jsog.or.jp/modules/jsogpolicy/index.php?content_id=4

TOPへ
TOPへ