artrest

24時間対応076-201-8573

くすりの管理方法

お知らせ

くすりの管理方法

更新日:2021/01/28

こんにちは。看護師の木村です😊
いつもブログを閲覧いただきありがとうございます✨

今日は薬の管理の方法について書こうと思います。
お薬を袋ごともらったけど、どの薬をいつ飲めばいいかわからない。
脳梗塞で片手しか使えなくて薬を飲むのに苦労する。
手の振戦があり、ヒートがなかなかあけられない。
と薬の管理方法や飲み方などそれぞれ皆さん悩みがあると思います。

訪問看護では一人ひとりにあった管理方法を考えながら実践しています。
内服ケース、内服カレンダー、内服チェックリストなどを作成してその人に合った方法を考えています。

また、現在の方法でのみ忘れが多くなったらその都度、内服方法を検討しその人がどうしたらのみ忘れが少なくなるかを一緒に考えています。

例えば、内服ケースで管理していたけれど目が悪く、一目みてどれを飲むかわからないかたには、薬局さんと協力しながら袋に朝は赤色、昼は青色、夕は黄色などと色をわけて見やすくし内服間違いを防ぎます。
また、2週間に1回の訪問の方には内服ケースを増やして管理したりもしています。
ヒートで開けにくく内服をこぼしてしまう方は、薬局さんと協力し一包化を依頼したりもしています。

飲み忘れが多くなると、病状が悪化し入院してしまうケースもあります。わたしたちは利用者さんがお薬を適切に内服できるようお手伝いさせていただいています。
こまったことがあれば、いつでも相談してくださいね😊

TOPへ
TOPへ