artrest

24時間対応076-201-8573

訪問看護の卒業

お知らせ

訪問看護の卒業

更新日:2020/12/30

先日、2年ほど訪問させていただいた小児の子が、晴れて訪問看護を卒業とすることとなりました🌸✨
Aちゃんは訪問当初は1歳でまだ歩けず、心臓に病気をもっていたので酸素チューブをつけていて、痰や鼻水も出せないので吸引が必要な状態でした。お鼻から吸引するときは嫌がって泣いてしまいますが、「終わったよ」というと泣きながらも自分でぱちぱち拍手していた姿がとても印象的でした😭👏

小児への訪問看護では、健康チェックのほかにも吸引やスクイージングなどの排痰援助、経管栄養の注入、内服介助、入浴介助、保護者の不在時の保育(レスパイト的利用)、その子の発達状況に合わせた成長発達促進の関わりなどを行っています。Aちゃんにも排痰援助のほかに、お母さんの不在時の見守りや、リハビリスタッフと連携して成長発達の促しをさせていただきました🌟Aちゃんはマイペースにリハビリを楽しみながら、月日が経つにつれて確実にできることが増えてきました🤲✨ハイハイやたっち、一人で歩けるようになったときには、お母さんと一緒になって喜びました🎉👏小児看護をしていて、ご両親とお子様の成長の瞬間を分かち合えることは特に嬉しいことの一つです🧡

現在は3歳となり、酸素チューブも外れてお気に入りのぬいぐるみと一緒に元気に歩き回っています🧸来年は年少さんとして保育園へ通うことも決まっているAちゃん。とても明るくて優しい彼女が、たくさんのお友達に囲まれて元気に遊ぶ姿を想像すると私も元気をもらえます🥰

TOPへ
TOPへ