artrest

24時間対応076-201-8573

精神科訪問看護をご存知ですか?

お知らせ

精神科訪問看護をご存知ですか?

更新日:2020/08/31

こんにちは!看護師の橋本です😊
精神科訪問看護とは、精神疾患をお持ちの方に対して行う訪問看護です☀️(読んで字の如くですね😅💦)
今までは管理者の辻森、木村、冨田の看護師3名と、作業療法士の高島が訪問に伺う事ができていたのですが、この度辻森由美、田中、橋本の3人も7月に精神科訪問看護の研修を修了して精神科の方の訪問看護に行けるようになりました!🙌

毎年研修は県外で丸3日間の受講が必要だったのですが、今年はコロナウイルスの影響もあり、webでの受講が可能となりました💻
子育てしながら県外へ数日泊まりがけとなるとなかなか大変なのですが、webではいつでもどこでもネット環境さえあれば受講でるのでとっても助かりました!🥺
コロナウイルスによる経済や生活への影響は計り知れませんが、必ずしもマイナス面ばかりでないな〜と少し前向きにもなれました✨

私は精神科疾患の方との関わりは、学生の時に実習に行った事があるくらいでほとんど経験がありませんでした。
精神科疾患というと長期に渡って入院している方が多く、なかなか退院できない、というイメージがありました。実際に、退院できても再入院となる率がとても高かったのですが、精神科疾患の方も地域での生活中心にしていきましょう、といった考え方に国も方針を変えました。
また一般的にも、うつ病、適応障害、パニック障害などテレビでも多く取り上げられるようになり、とても身近な病気として捉えられるようになりました。
有名な芸能人の方もうつ病を公表して休養したりと、昔のイメージとは違い公にすることができるようになったと思います。実際にお薬を飲みながら社会生活を送っている方も多くいます。そのような方々をこれから少しでもサポートしていければと思っています💪☺️

精神科訪問看護に行くようになってひと月ですが、精神科疾患は他の疾患と違って「こうすれば良い」といった看護のケア方法が一つではありません。お一人お一人疾患を患うまでの経過や症状も違います。そのため、より一層コミュニケーションがとても大切だと痛感しています。

ある利用者様が「看護師さんが来てくれるようになって(自分の調子が)すごく良くなったと思います。こんなに色々出来なかったし」とおっしゃっていました。
その方は今までお部屋の掃除ができなかったり、シャワーを浴びて身体の清潔を保つといった事が出来ていなかったのですが、訪問看護の介入で少しずつ出来る様になったとお話して下さいました。
私はまだこのご利用者様との関わりは数回だけですが、今までESTのスタッフが訪問して関わってきた結果、このようにご利用者様ご自身がプラスになったと思って下さっている事にとても嬉しく思いました!😊✨

このようにうまく行くことばかりではなく、訪問看護の介入そのものを拒否されたりコミュニケーション自体とる事ができない場合も多くあると思います。
問題の解決までは長い時間がかかると思いますが、その方の辛い時期も理解し、一緒に一歩進み出せるような関係性を少しずつでも築きながら看護できればと思います。
疾患を持ちながらも住みなれた家や地域で、お一人お一人その方らしい生活をしていけるよう、微力ながらもお手伝いできればいいな〜と思っています☺️✨

何かお困りごとがありましたら、お気軽にご連絡下さいね😊

TOPへ
TOPへ